映画【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】キャストやあらすじ・ネタバレも!

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』なんと興行収入は全世界で約900億円。

日本でも70億円を超える大ヒットを記録しました。

世界にファンタスティックビースト現象を巻き起こしてから2年が経ち、いよいよ最新作が公開されますね。

監督は映画シリーズの5作目から8作目とファンタビ/魔法使いの旅のデヴィット・イエーツ。

出演キャストは主人公ニュート/役エディー・レッドメーン、ダンブルドア/役ジュード・ロウ、黒い魔法使い/役ジョニー・デップ他、可愛いベイビーニフラーも登場します!

 

今回は、2018年11月の公開される『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』キャストやあらすじ、ネタバレをご紹介致していきます。

 

ファンタスティック・ビーストキャスト

 

監督/デイビッド・イエーツ

 

デイビッド・イエーツは、今回の映画についてこう語ります。

『この作品で他のどの作品よりも力を入れたのは、いろんな登場人物の物語を見せるとこ。

同時にたくさんのキャラクターを追いかけていて、そこには複数の組み合わせが存在するんだ。

ラブストーリーが数珠つなぎになっている、とも言えるかな。

中心にあるテーマは、誰かを愛する事、恋が終わる事、政治や社会の思想に夢中になること、恋に溺れる事、愛によって道を踏み外す事。

愛というテーマのまわりをぐるぐる回っていくような感じだと思う』

『ハリーポッター』シリーズのメインテーマの一つは愛でした。

ですが今回の作品でもこのテーマは引き継がれているものの、『愛によって踏み外す』というアイデアを模索していくとのことです。

 

・プロフィール

生年月日/1963年11月30日

出生地/イギリス セント・ヘレンズ

身長/不明

職業/テレビ・映画監督

 

作品/テレビシリーズ

  • The Sins (2000)
  • ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜(2003)他

作品/映画

  • ある日、ダウニング街で(2005)
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007)
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009)
  • ハリー・ポッターと死の秘宝№1(2010)
  • ハリー・ポッターと死の秘宝№2(2011)
  • ターザン:RIBORN(2016)
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)他

 

ニュート・スキャマンダー/役エディ・レッドメイン

ホグワーツ魔法魔術学校で使われている教科書『幻の動物とその生息地』

その著者が魔法動物学者、ニュート・スキャマンダー。

ハリーにとってニュートは教科書を通した間接的な教師なのです。

校長室にはニュートの肖像画が飾られており

『ハリー・ポッターとアズガバンの囚人』の重要アイテムとなる『忍びの地図』をよく見ると、

『ニュート・スキャマンダー』と書かれています。

 

プロフィール

生年月日/1982年1月6日

出生地/イギリス ロンドン

身長/184cm

職業/俳優

 

エディ・レッドメインの父は銀行の頭首であり、イギリス一の名門イートン校で学び、ケンブリッジ公ウィリアムズ王子と同級生でした。

2005年エドワード・オールビー作の劇『山羊…それって…もしかして…シルビア?』に出演し、劇の新人賞を受賞。

2008年にはモデルをつとめ、2009年には舞台『Red』でローレンス・オリヴィエ賞助演男優賞と、トニー賞を受賞し、

2014年では映画教育支援事業の一つであり、世界で最も大きな若者のための映画祭を開催する。

『イントゥ・フィルム』にマイケル・シーンと、『マイティ・ソー』『シンデレラ』の監督として知られるケネス・ブラナーと共にイングランド代表として、イギリス大使に就任した。

 

テレビ出演

  • アニマルアーク(1998)
  • ダーバヴィル家のテス(2008)
  • 愛の記憶はさえずりとともに(2012)等

映画出演作品

  • ザ・デンジャラス・マインド(2006)
  • エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007)
  • マリリン7日間の恋(2011)
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)
  • アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018)等

 

ポーペンティナ・ゴールドスタイン/役キャサリン・ウォーターストン

 

キャサリン・ウォーターストンは役柄のティナについてこう語っています。

『本作のティナは職場(アメリカ合衆国魔法議会)で楽しみを取り戻すの。

でもすべてが順風満帆というわけじゃなく、個人的な悩みも抱えている。私はティナが単に強い女性じゃないところが好き。

強い所もあるし、弱い部分もある。強い女性は単に力強い女性として描かれることが多いけど、ティナはそうじゃない。

j.k.ローリングはとても豊かで複雑なキャラクター達を書いたわ、私は本当にティナのことが大好きなの』

 

プロフィール

生年月日/1980年3月3日

出生地/イギリス ロンドン

身長/182cm

職業/女優

キャサリン・ウォーターストンはアメリカのニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツで演技を学んだ後、2004年のテレビ映画『Americana』でデビュー。

2007年にはジョージ・クルーニー主演の映画『フィクサー』で長編映画デビューを果たす。

2014年にポール・トーマス・アンダーソン監督作『インヒアレント・ヴァイス』で、

ホアンキン・フェニックス演じる主人公の元恋人役に抜擢され一躍注目を浴びるようになった。

その後、2016年の『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、

ヒロインの魔法使いポーペン・ティナ役にそれぞれ大抜擢されるなど、大作への出演が続いている。

 

テレビ出演

  • ボードウォーク・エンパイア欲望の街(2012〜2013)

 

映画出演作品

  • Americana(2004)
  • ウッドストックがやってくる!(2009)
  • インヒアレント・ヴァイス(2014)
  • ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(2016)
  • ローガン・ラッキー(2017)等

 

ジェイコブ・コワルスキー/役ダン・フォグラー

 

ダン・フォグラーについてジェイコブ・コワルスキーはこう語っています。

『僕はジェイコブを演じるのが大好きなんだ。

ジェイコブの事を大切に思っているし、なんだか親戚の人みたいに感じているよ。

この続編で彼の旅を続けることが出来て、こんなに嬉しいことはないよ。

僕は続編をやったことはこれまで1度もなかったから、とてもクールだよ。

彼の服はとってもナイスになっているし、1作目のメンバーとまた仕事が出来るのも素晴らしかった。

それに今度はパリだよ!ワォ、パリ!(笑)』

 

プロフィール

生年月日/1976年10月20日

出生地/アメリカ合衆国 ニューヨーク州

身長/170cm

職業/俳優・声優・コメディアン・プロデューサー

ダン・フォグラーはアメリカ合衆国の俳優・声優・コメディアン・プロデューサーです。

 

テレビ出演

  • ハンニバル(2013)
  • それいけ!ゴールドバーグ家(2013~2016)
  • グッド・ワイフ(2015)

 

映画出演作品

  • Brooklyn Thrill Killers(1999)
  • 燃えよ!ピンポン(2007)
  • デッド/エンド(2013)
  • ベアリー・リーサル(2015)
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)等

 

クイニー・ゴールドスタイン/役アリソン・スドル

クイニー・ゴールドスタインについてアリソン・スドルはこう語っています。

『続編でまたこの世界に戻ってくるのは素晴らしかったわ。

でも同時に怖気づいてしまうことでもあった。

前作はとても評判が良かったし、クイニーの事も歓迎してもらったけれど、そのぶん今回はプレッシャーも感じたの。

クイニーの本質をしっかり維持しながら、新しい物語の中で進化させていかないといけなかったから。

今回の物語についてはまだ詳しく話せないけれど、役者としてクイニーを深く掘り下げるのは興味深かったわ』

 

プロフィール

生年月日/1984年12月23日

出生地/アメリカ合衆国 ワシントン州

身長/168cm

職業/シンガーソングライター

 

父親は演奏指導者で、アリソン・スドルは5歳の時にロサンゼルスへ移る。

スウィング・ジャズ、クラシック、ソウルといった様々な音楽を聴きながら育ち文学少女でもあった為、

チャールズ・ディケンズやC・S・ルイスなどの文学作品に夢中になった。

16歳で高校卒業後、ピアノを独学で習得し、曲も書き始めた。

作詞作曲を自ら作り上げレコード会社に送り、その中でもEMIのジェイソン・フロムから注目されたことから、レコード契約を果たした。

 

主な音楽活動

2007年に『海からの贈り物』をリリースし、オーストラリア・ドイツ・スイスでゴールドディスク認定されました。

2008年に放送された『レイトショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』に出演し歌唱。

同年の3月~4月の間にはアメリカ・カナダ・イギリス・オランダ・フランス・ベルギー・ドイツ・スイスなどでツアーを敢行し、

その後11月に再びドイツ・スイス・オーストラリアでツアーをしました。

 

テレビ出演

  • CSI:ニューヨーク(2007)
  • トランスペアレント(2014)
  • Dig/聖都の謎(2015)

 

映画出演作品

  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)

 

アルバム

  • 海からの贈りもの(2007)
  • Bomb in a Birdcage(2009)
  • Pines(2012)

シングル

  • Almost Lover(2007)
  • Come On, Come Out(2007)
  • Happier(2009)
  • Now Is the Start(2012)等

 

クリーデンス・ベア・ボーン/役エズラ・ミラー

エズラ・ミラーはクリーデンス・ベア・ボーンについてこう語っています。

『1作目に出演したことは、僕が経験した最高の瞬間だった。「僕は頂点を極めた」と思ったよ。

そしてまたこの続編に出られる事になった。

これまでに経験した最高の瞬間だよ(笑)僕は「ハリー・ポッター」の大ファンだけど、本作とハリポタの繋がりはとても多いんだ。

フランスの魔法世界を見ることもできる。ボーバトン魔法アカデミー(フランスの魔法学校)だけじゃなくね。

ファンにとって最高のエキサイティングだよ』

 

プロフィール

生年月日/1992年9月30日

出生地/アメリカ合衆国 ニュージャージー州

身長/180cm

職業/俳優・ミュージシャン

 

6歳から始めたオペラ歌手としての訓練により、吃音症(きつおんしょう)を克服し、

後にオペラ歌手としてメトロポリタン歌劇場やフィリップ・グラスのオペラ『White Raven』の米国初公演などの舞台に立ちました。

2008年に映画『Afterschool』へ出演し、俳優デビューを果たす。

2012年には『ウォールフラワー』でローガン・ラーマン、エマ・ワトソンと共演し、

2016年にはハリー・ポッターシリーズの新作として『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のクリーデンス・ベアボーンを演じ、強烈な印象を残しました。

 

テレビ出演

  • カリフォルニケーション(2008)
  • LAW&ORDER:性犯罪特捜班(2009)
  • 救命医ハンクセレブ診療ファイル(2009~2010)

 

映画出演作品

  • Afterschool(2008)
  • アナザー・ハッピー・デイふぞろいな家族たち(2011)
  • バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生(2016)
  • ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(2016)
  • ジャスティス・リーグ(2017)等

 

アルバス・ダンブルドア/役ジュード・ロウ

ジュード・ロウは、ダンブルドアの若き日を演じた感想についてこう語っています。

『老年のダンブルドアに何が起きるかはみんなよく知っているよね?「ハリー・ポッター」では現在の彼が描かれているからだ。

でも若い時代の彼には「ハリー・ポッター」では描かれてこなかった秘密がある。

J,k,ローリングの書く全てのキャラクターに共通しているのは、彼らが様々な面を持っていることだ。

みんな明るい面とダークな面を持っている。次に何が起きるのか、僕達でさえわからない。

それを演じるのは役者にとって素晴らしいことだよ』

 

プロフィール

生年月日/1972年12月29日

出生地/イギリス ロンドン

身長/182cm

職業/俳優

 

12歳から演技を初め、17歳でテレビドラマに出演するチャンスをみつけ、高校を中退。

1993年に『ショッピング』で映画デビューを果たし、1990年のアンソニー・ミンゲラ監督作品『リプリー』でプレイボーイ役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネート。

英国アカデミー賞 助演男優賞を受賞しました。

これをきっかけに『才能あるジュード・ロウ』としてアメリカでも取り上げられ、注目を浴びる。

そしてアメリカでA-LIST俳優の1人として認識されており、2004年の『ピープル』誌にて最もセクシーな男性に選ばれた。

 

テレビ出演

  • ヤング・ポープ 美しき異端児(2016)

 

映画出演作品

  • ショッピング(1994)
  • リプリー(1999)
  • A.I.(2001)
  • コールドマウンテン(2003)
  • シャーロック・ホームズ(2009)
  • シャーロック・ホームズ シャドウゲーム(2011)
  • キング・アーサー(2017)等

 

ゲラート・グリンデルバルド/役ジョニー・デップ

7月半ば、アメリカ・サンディエゴで開催された世界最大のポップカルチャーの祭典

“コミコン2018″でジョニー・デップはグリンデルバルドとしてこう語った。

『私はマグルを嫌っているとずっと言われていたが、嫌っているというのは事実ではない。

マグルは他のものと同等だと言っているのだ。

価値があり、また、価値を与えている。魔法は価値のある魂にしか宿らないのだ。

人間界の為にどのような世界を作るのか。

本当の自由の中に生きられる世界、私達にとって公平な世界が作られる瞬間が来るだろう』

 

プロフィール

生年月日/1973年6月9日

出生地/アメリカ合衆国 ケンタッキー州

身長/178cm

職業/俳優・ミュージシャン・プロデューサー

 

ジョニー・デップは4人兄妹の末っ子で、フランス人・アイルランド人・ドイツ人、そしてチェロキー族・クリーク族の血を引いている(インディアン部族)とも言われている。

家庭の事情で頻繁に転居を繰り返し、果てに1978年に両親が離婚。

子供時代はストレスで自傷行為を繰り返し、12歳でお酒を初め14歳でドラッグに手を染めるなどDark pastを持っている。

親友の死別をきっかけに足を洗い、16歳で高校を中退しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせた。

音楽活動は、イギー・ポップの前座を務めるなどをし、ロサンゼルスで様々なバンドとコラボレーションを行う。

2015年にはアリス・クーパー、ジョー・ペリーと共にロックグループ『ハリウッド・ヴァンパイアーズ』を結成し、9月11日同名のスタジオ・アルバムをリリースしました。

 

テレビ出演

  • 21ジャンプストリート(1987~1990)
  • スポンジ・ボブ(2009)等

映画出演作品

  • エルム街の悪夢(1984)
  • シザーハンズ(1990)
  • エド・ウッド(1994)
  • スリーピー・ホロウ(1998)
  • パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003)
  • ネバーランド(2004)
  • チャーリーとチョコレート工場(2005)
  • スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)
  • アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016)
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)
  • オリエント急行殺人事件(2017)

他、ミュージック・ビデオやCM等も出演しました。

 

ファンタスティック・ビーストあらすじ

 

ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生である、主人公『ニュート・スキャマンダー』

シャイで少しドジな面を持つ、愛すべき魔法動物学者です。

魔法動物を守るため、世界中を旅する彼がいつも持ち歩いているのは、中が無限に広がる不思議なトランク。

中にはユニークな魔法動物達が……!

ある日、捕えられていた強大な敵である『グリンデルバルド』が逃げ出したことを知り、

魔法界と人間界の支配を企む”黒い魔法使い”を追います。

今回ニュートが仲間や魔法動物達と共に向かうのはパリ!

ですが、その悪の力は仲間達にまで及んでしまいます。

試されるニュートと仲間達の絆で、彼らは世界を救えるのでしょうか?

そして共に戦う、ホグワーツ魔法魔術学校の恩師『ダンブルドア先生』の活躍はどうなるのでしょうか?

重なり合うストーリーに繰り出される圧巻の魔法と、新しい魔法動物たちに注目です。

 

ファンタスティック・ビーストチェックポイント

 

今作では、二フラーの赤ちゃん『ベイビー二フラー』が登場します。

 

可愛い魔法動物の中でも特に人気だったのが、キラキラした物が大好きな二フラー。

ついつい貴重品を盗んでしまうトラブルメーカーですが、今回は”ベイビー二フラー”も登場します。

小さいうちから光るものが大好き。

どんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

 

ファンタスティック・ビーストネタバレ

 

・”賢者の石”を創造した伝説の人物が登場!

『ハリー・ポッターと賢者の石』で題名にも出た賢者の石の生みの親である”錬金術師ニコラス・フラメル”が登場します。

ダンブルドアとは賢者の石を一緒に作った間柄なので、どんな登場をしてくれるのでしょうか!

 

・魔法動物である『デミガイズ』の毛は透明マントの材料にされている。

前作に登場したサルのような姿のデミガイズ。

姿を消す能力がある為、そのシルクのような体毛はハリー達も使った”透明マント”の材料にされているので高値で取引されている。

 

・死喰い人ベラトリックス・ストレンジとは?

前作で写真で登場していたニュートのかつての友人(恋人?)のリタ・ストレンジが、今作では大きくフィーチャーされるようです。

この名前、聞き覚えのあると思ったらハリー・ポッターでの残忍な死喰い人、ベラトリックス・レストレンジと同じ苗字だった。

ストレンジは闇の家系である為、ダークな展開へのキーパーソンになるのでしょうか。

 

・魔法動物学者といえば…

ホグワーツで魔法動物について教えていたハリーポッターでの人気の登場人物といえば、ルビウス・ハグリッド。

おそらく彼は、ニュートにも指導を受けていたはず…

今後のファンタスティック・ビーストに若かりし頃のハグリッドが出てくるのはほぼ確実かもしれない。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回、ファンタスティック・ビーストのキャストやあらすじ、ネタバレ等をご紹介致しました。

ハリー・ポッターシリーズは面白かったのですが、『小説』と『映画』の違いから少し理解しずらいところがありました。最後はなんだかスッキリしない事が多かった様に感じましたが

ファンタスティック・ビーストは、うまくハリー・ポッターを繋げてあるものの、映画として純粋に楽しめる作品になっています。

可愛い魔法動物も見どころの1つですね!

今回のファンタスティック・ビーストと魔法使いの誕生で2作目ですが、どんな展開になり話が進むのか、

そして今後の3作品もどうなっていくのか、目が離せません!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

コメント