ファンタジー映画が好きなら絶対に観ておきたい!おすすめ名作BEST10

ファンタジー映画の正統派からダークファンタジーまで、ファンタジー好きなら必ず観ておきたい映画をまとめてみました。

ファンタジーと言ったら今や最大限のCGを駆使していて、昔と比べ物にならないくらい素晴らしい映画がほんとに増えましたね!

80年代の作品で有名なE.Tや、スーパーマンなどを見返してみると、昔の映画もとてもいい作品なのですが合成が限界だったあの頃とは今は迫力が違います。

あ、批判しているわけではなく昔は昔の良さがちゃんとあります。

映画を観ていると、その世界観に夢中になり深くのめり込んでいってしまいますね。

観ている方にもそれぞれのストーリーがあって心境も違いますので、そんな事を考えながら

今日はなんの映画を観ようかと考えていると、幸せな気持ちになります。

という事で、ファンタジー映画好きなら絶対に観ておきたいおすすめ名作BEST10をご紹介しますっ!!

The Dark Crystal(ダーク・クリスタル)

 

・あらすじ

ダーククリスタルのお城を中心とする不思議な世界。

凶悪なスケクシス族が惑星トラの権力を握ってから千年。

不死と言われたスケクシス族だが、権力を誇る皇帝が死に残るは9人となった。

そんな彼らに力を与えているのは黒水晶のダーククリスタル

まもなく来る3っつの太陽の「大合致」に、ダーククリスタルは巨大な力を得て

スケクシス族の力は再び往時の勢いを増すだろう。

そんなスケクシス族と予言について知らされたゲルフリン族の若者・ジェンは、世界を滅亡から救う為

ダーククリスタルと対になるクリスタルの欠片を求めて旅に出ます。

・キャスト

この映画においては、人間は登場せず全て空想であるクリーチャーをアニマトロニクスで操られたものである為、キャストは声の出演のみ。

  • スティーブン・ガーリック/役 ジェン
  • リサ・マックスウェル/役 キーラ
  • ジム・ヘンソン/役 司祭
  • パーシー・エドワーズ/役 フィズギグ 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 1983年
  • 監督 ジム・ヘンソン/フランク・オズ
  • 上映時間 93分

続編については「ダーククリスタル/エイジ・オブ・レジスタンス」という題でこちらも同じくキャストは声のみ。

今回は映画ではなく、全10話のドラマシリーズとしてNetflixオリジナルで配信されています。

手掛けているのはセサミ・ストリートでお馴染みのジム・ヘンソン&スター・ウォーズのヨーダの声と操演を務めたフランク・オズ。

 

THE WIZ(ウィズ)

・あらすじ

内気な教師のドロシーは叔父夫婦とハーレムの小さなアパートで暮らしており、マンハッタンで一人暮らしする決心が出来ずにいた。

そんな時愛犬のトトがアパートを飛び出し、追いかけたドロシーは猛烈な吹雪に襲われる。

気が付くとそこは魔法の国・オズだった。

・キャスト

  • ダイアナ・ロス/役 ドロシー・ゲイル
  • リチャード・プライヤー/役 オズ
  • マイケル・ジャクソン/役 カカシ
  • テッド・ロス/役 臆病なライオン
  • ニップジー・ラッセル/役 ブリキの木こり 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 1979年10月6日
  • 監督 シドニー・ルメット
  • 上映時間 134分

アメリカのファンタジー小説「オズの魔法使い」を映画化したミュージカル大作の『ウィズ』ですが、この作品ではマイケル・ジャクソンが振付師の動きを”一度見ただけで覚えてしまう”為、他のキャストから苦情が来たそう。天才は天才で悩みがあり、大変なんですね。

 

LEGEND(レジェンド/光と闇の伝説)

・あらすじ

王女リリーと森で暮らす若者ジャックは”聖なる生き物”ユニコーンと遭遇する。

この様子を見ていた闇の魔王の手下であるゴブリンがユニコーンに毒矢を放った事から世界に呪いをかけられ、滅亡が始まった。

魔王に捕まってしまったリリーをジャックは妖精達を従え、魔王と戦う事になった。

・キャスト

  • トム・クルーズ/役 ジャック
  • ミア・サラ/役 リリー
  • ティム・カリー/役 闇の魔王
  • マイク・エドモンズ/役 魔王の父
  • ダーフィト・ベンネント/役 ガンプ 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 1987年8月22日
  • 監督 リドリー・スコット
  • 上映時間 94分

特殊メイクアップアーティストのロブ・ボッティンの手掛けるクリーチャー達も見逃せません。

大きな角を生やした赤い顔の魔王・魔王の手先であるゴブリン達・緑色の怪物メグ等の造形はとても丁寧に作られています。

王道ファンタジーには欠かせない、ユニコーンが現われるシーンは、とても幻想的です。

 

Labyrinth(ラビリンス/魔王の迷宮)

・あらすじ

両親から留守番を頼まれた空想好きな15歳の少女サラ。

弟の子守も任されるが、なかなか泣き止まないトビーに対し「魔王に連れて行かれるよ」と言ってしまう。

その晩本当に魔王・ジャレスが現われ、弟のトビーを連れ去ってしまった。

弟を返してと悲願するサラに対し、ジャレスは試練を与えサラはトビーを連れ戻す為ゴブリン城へと向かう…。

・キャスト

  • デヴィット・ボウイ/役 魔王ジャレス
  • ジェニファー・コネリー/役 サラ
  • トビー・フラウド/役 トビー

他、マペットが登場するのですがキャラクターの声は場面により交替して演じられているので、誰の声と断定するのは難しいようです。

ー作品情報ー

  • 日本公開日 1986年7月5日
  • 監督 ジム・ヘンソン
  • 上映時間 101分

この作品ではデヴィット・ボウイが劇中曲も担当していて、個性豊かなパペット達とのユーモアと毒気の混じる掛け合いぶりが楽しめます。

本作のヒロイン「サラ」を演じたのは当時14歳だったジェニファー・コネリー。デヴィット・ボウイがロックスターということを知らずに共演したという逸話があるそうです。

 

ERAGON(エラゴン遺志を継ぐ者)

・あらすじ

農村カーヴァホールに住むエラゴンは15歳の少年。

母親は行方が分からず、以来エラゴンは2つ年上の従兄弟ローランと共に育てられた。

ある日狩りに出かけたエラゴンは山奥で見付けた、とても美しく不思議な青い石を持ち帰るのだが、なんとそれはドラゴンの卵だった。

卵から生まれたドラゴンは瞬く間に成長し、エラゴンと意思疎通するようになる。

が、ドラゴンの存在を知った魔の手が迫っていた…。

・キャスト

  • エドワード・スペリアース/役 エラゴン
  • ジェレミー・アイアンズ/役 ブロム
  • シエンナ・ギロリー/役 アーリア
  • ロバート・カーライル/役 ダーザ
  • ジョン・マルコビッチ/役 ガルバトリックス王
  • ギャレット・ヘドランド/役 マータグ 他

エルフ族の勇敢な王女アーリア役のシエンナ・ギロニーは映画「バイオハザードーアポカリプス04年」の警官ジル・スチュアートを演じた。

ー作品情報ー

  • 日本公開日 2006年12月16日
  • 監督 シュテフェン・ファンマイヤー
  • 上映時間 104分

主人公である平凡な男の子エラゴンと、若いドラゴンのサフィラが心を通い合わせて、空へ向かって飛躍するシーンが素晴らしいです。

旅する中で様々な仲間や異なる価値観を持つ敵との出会いでエラゴンは大きく成長していく。

 

Hook(フック)

・あらすじ

40歳で企業買収専門の弁護士であるピーター・バニングは忙しい日々を過ごしていた。

家族を省みずに仕事に熱中するあまり、家族との関係はあまり良くなかった。

ロンドンで暮らす妻の祖母ウェンディの家に久しぶりに尋ねたピーターであったが、その晩に子供達が誘拐されてしまう。

犯人の残した脅迫状にはフック船長の名が…。

祖母のウェンディは、バニングは空を自在に飛ぶかつてのピーターパンなのだと告げた。

信じる事が出来ないまま、子供達を取り戻しに向かう中で空を飛ぶ能力を思い出していく。

・キャスト

  • ダスティン・ホフマン/役 ジェイムズ・フック船長
  • ロビン・ウィリアムズ/役 ピーターパン
  • ジュリア・ロバーツ/役 ティンカーベル
  • ボブ・ホスキンス/役 スミー
  • フィル・コリンズ/役 グッド警視 他

ピーターパンを演じたのは、コメディアンであり俳優のロビン・ウィリアムズだが、この役はマイケル・ジャクソンも熱望していたそうです。

ー作品情報ー

  • 日本公開日 1992年6月20日
  • 監督 スティーブン・スピルバーグ
  • 上映時間 144分

ピーターは「子供時代は嫌な記憶しかない」と思い込んでいたが、幼少期の思い出の中で両親の優しさに触れ、それまで重くのしかかっていたいた肩の荷を下ろす事ができた。

辛い過去は思い出したくないという自分自身にかけていた呪いを解き、ピーターは中年太りのままながら宙に浮くことに成功する。

 

Pan’s Labyrinth(パンズ・ラビリンス)

・あらすじ

戦争で父親を亡くしたオーフィリア。

彼女は妊娠中の母親と共に再婚相手である独裁政権陸軍のヴィダル大佐に引き取られ、山荘で暮らすことに。

オーフィリアは孤独な日々を過ごした。だが、ある夜にオーフィリアの前に妖精が現れ導かれるまま森の中を歩いていくと迷宮にたどり着く。

迷宮の番人であるパンは、彼女を一目見るなり「貴女は地底王国の姫君です。3っつの試練を乗り越えなさい」と告げられる。

・キャスト

  • イバナ・バゲロ/役 オーフィリア
  • ダグ・ジョーンズ/役 パン
  • セルジ・ロペス/役 ヴィダル
  • アリアドナ・ヒル/役 カルメン
  • マリベル・ベルドウ/役 メルセデス 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 2007年10月6日
  • 監督 ギレルモ・デル・トロ
  • 上映時間 119分

この作品はかなり激しいバイオレンス描写が盛り込まれているのですが、

監督を務めるギレルモ・デル・トロはメキシコ時代、病院でボランティアスタッフを経験している為、ドラッグ依存症の悲惨な末路や銃撃戦で頭を撃ち抜かれた遺体などに触れてきたのだそうです。

そんな経験もあって、ギレルモ監督の作品には個性豊かなクリーチャーがたくさん出てくるのですね。

 

The Imaginarium of Doctor Parnassus(Dr.パルナサスの鏡)

・あらすじ

1000年生きたと称するパルサナス博士とヴァレンティーナ達見世物一座はサーカスの様な興行「パルサナス博士のイマジナリウム」の公演を行っていた。

鏡の中に客を誘い、人の中の欲望の世界を見せるというもの。

博士は悪魔との賭けにより、不死の命を手に入れたがその代償により16歳の誕生日を向かえたヴァレンティーを引き渡さねばならない事になっていた。

そんな中、次の興行地に向かう途中橋から吊るされた記憶喪失の男トニーを救う。トニーが一座に加わった事で興行は女性客で大賑わい。

だがトニーは、皆が知らない秘密の顔を持っていた…。

・キャスト

  • ヒース・レジャー/役 トニー・シェパード
  • ジョニー・デップ/役 鏡の中のトニー①
  • ジュード・ロウ/役 鏡の中のトニー②
  • コリン・ファレル/役 鏡の中のトニー③
  • クリストファー・プラマー/役 パルサナス博士
  • リリー・コール/役ヴァレンティナ
  • トム・ウェイツ/役 Mr.ニック 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 2010年1月23日
  • 監督 テリー・ギリアム
  • 上映時間 124分

ヒース・レジャーが急死してしまった為、親交のあったジュード・ロウ達が急遽代打を申し出た事でこの作品が完成した。

また、ジョニー・デップ達、3人自分のギャラを全てヒース・レジャーの幼い愛娘に渡したのだそうです。カッコいいですね。

 

STARDUST(スターダスト)

・あらすじ

ロンドンから遠く離れたウォールという村に住む、平凡な若者トリスタン。

母に愛されず、妹にも虐められ寂しい子供時代を送った。

ある日村一番の美少女ヴィクトリアに片思いをし、求婚する為トリスタンは村を飛び出す、

以前2人で見た流れ星を見つけるために旅をするが

村の外は妖精の国。

トリスタンは魔法使いに狙われ、事件に巻き込まれていく…。

・キャスト

  • チャーリー・コックス/役 トリスタン
  • クレア・デインズ/役 イヴェイン
  • シエナ・ミラー/役 ヴィクトリア
  • ロバート・デニーロ/役 キャプテン・シェイクスピア
  • ピーター・オトゥール/役 ストーム・ホールド王
  • ミシェル・ファイファー/役 ラミア 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 2007年10月27日
  • 監督 マシュー・ボーン
  • 上映時間 128分

この作品の原作者であるニール・ゲイマンは『もののけ姫』の英語版シナリオを手掛けており、宮崎駿監督とも親交がある。

ゲイマンの描くファンタジー作品は、ケルト文化への憧れを持つ宮崎駿監督作品との親和性がとても高い。

 

Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children(ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち)

・あらすじ

16歳となったジェイクは、祖父のエイブに呼ばれ向かうが

両目を失った状態のエイブを発見する。エイブからの遺言に従いイギリスの孤島を訪ねた。

しかし二人は子供達の家が1943年9月3日にドイツ軍の空襲を受け、破壊されていたはずの屋敷で暮らすミス・ペレグリンと不思議なこどもたちが迎えてくれた。

・キャスト

  • エイサ・バターフィールド/役 ジェイコブ・ジェイク・ポートマン
  • エヴァ・グリーン/役 アルマ・ルフェイ・ペレグリン
  • テレンス・スタンプ/役 エイブラハム・エイブ・ポートマン
  • エラ・パーネル/役 エマ・ブルーム
  • フィンレイ・マクミラン/役 イーノック・オコナー 他

ー作品情報ー

  • 日本公開日 2017年2月3日
  • 監督 ティム・バートン
  • 上映時間 127分

個性豊かなキャラクター達、お腹の中に蜂の大群を飼っているもの、透明人間、指先から火を放つ女の子、ハヤブサに変身する能力に加え時間を操る力を持つミス・ペレグリン。

最後の対決シーンでは「アルゴ探検隊の冒険」に登場した”骸骨戦士”が身を挺して守ってくれるというたまらないバトルシーンです。

 

まとめ

ファンタジー好きなら絶対に観ておきたい作品をまとめてみました。

私が好きなのはラビリンス・魔王の迷宮のデビット・ボーイですっ!!

カッコいいっ!

この記事が参考になりましたら嬉しいです。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

コメント